スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェン

どーも

先日は 京都造形芸術大学で行われた
「schola 音楽の学校」の公開収録に行ってきました

「schola」はラテン語で「学校」を意味する言葉
坂本龍一を中心に、音楽を旧来の枠組みから自由になって考え直し、学び直すというプロジェクト。
今回の収録は「"commmons:schola" 『音楽の学校』夏期特別講座 京都造形芸術大学 提携公演」と題され、
ベートーヴェンをテーマに展開。
坂本龍一(音楽家)
浅田彰(京都造形芸術大学大学院長)
小沼純一(早稲田大学教授・音楽評論家)
の3人が、ベートーヴェンをはじめさまざまな音楽のサンプルを聴きながら、
その魅力について討論する。


という企画のもの


音楽に興味はあるものの、なかなか深くまでは考えることもせず
日常のBGM的な感じで
なんというか、音楽を聞き流してしまっていた事を反省



ロックだポップだじゃなくて
クラシックもっと聴きたい、いや聴こうと思った一日でした


ベートーヴェン楽曲が 非常に攻撃的なものが多いことを知りました
「運命」冒頭の 

ジャジャジャジャーーーーン

なんかはまさに攻撃的!




話の途中で坂本さんが弾いてくれた「トルコ行進曲」
(なぜかベートーヴェンじゃなくて、モーツァルトのやった気がする。勘違いかも!)
が、すっごい印象に残ってます。テンションあがりました。




そして、
やはりファッションにしろ、音楽にしろ戦争が与えた影響は
すごく大きいんだなという事も、改めて感じました。


すごく有意義な時間を過ごせました。







そして昨日は天神祭に行ってきました。

人いっぱい!!

花火がすごくきれいでした

提灯の明かりとか
屋台の雰囲気とか
なんか懐かしい気持ちになって大好きです。

りんご飴が好物


いよいよ夏本番です


おしまい



スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。